FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
12月10日 93歳になりました

IMG_5020.jpg 

1210日・・・93歳になりました。

 

戦前、戦中、戦後、結婚、2人の子供・・・

私を含めて当初9人の家族から2人独立、4人見送り2人の子供も結婚独立して・・・

1人になりました。

 

大正・昭和・平成・・・来年時代が変われば4つの世界を跨ぐ事になりますね。

自分なこんな年齢まで生きようとは思いませんでしたが、周囲の支えてくださる方々があっての今の私なのでしょう。

 

娘が128日一足早くにお決まりのケーキで祝ってくれました。

大きなシクラメンの鉢重かったでしょうにその気持ちが嬉しい前祝でした。

息子夫婦はお祝いの一封を送ってもらい、10日朝にはNさんから身にあまるお褒めのメール、孫からも優しいメールが・・・本家のF子さんからは毛糸の帽子が・・・髪の薄くなった私には素敵なプレゼントです。


IMG_5016.jpg

 

80代になってから何度か体を壊し長期入院、その度にお医者さんは勿論ですが、娘が細やかな世話をしてくれました。寂しい思いもせずに、あれよ~と言う間に93歳。

 

老いてみなければ分からない事もたくさんあり、老いたなりの喜びもたくさん・・・

周囲の皆さんが助けて下さる事もあり、今の私があります。

 

体力の老化も感じながら工夫して、走らないでゆっくり気ままな一日一日です。

これから寒くなると行動範囲も狭くなりますが、その先の春のイメージを抱いて日々を過ごしていこうと思っています。

 

便利な世の中ですね、テレビ・ラジオ・パソコン・タブレット・携帯・・・家にいても色んな活用が出来る幸せも感じます。


IMG_5015.jpg

 

皆さんに支えられて感謝、感謝です。頑張らずに程ほどに頑張りましょう!!

幸せなバースデーでした!!






  
スポンサーサイト

tag : 93歳 誕生日 シクラメン 帽子

昔の水墨画

IMG_5002-1.jpg


先日、お天気も良く動きやすいので『掛け軸、花卉』の片付けをしようと押入れを開けて見ると、色々な物が雑然として・・・

思い立って整理することに・・・

 

生花用の花卉も色々ありましたが、竹の蔓首・亀だけ置いて知人の方に譲りとても喜ばれました。

 

屋久杉の舟も出船、入船どちらに向けてもめでたく大好きでしたが、何しろ水仙か寒アヤメ位と限られますので活ける事も少なく嫁入りしました。

 

上の棚には掛け軸の箱が・・・

鑑定団に出すような軸はなく、その中に私の山水が一幅あります。

IMG_5005.jpg

 

60代半ば姑を見送ってから、老いて足が不自由になった時何か手仕事をと水墨画を始めました。月1回の教室に約1年位通ったのですが、先生が体調崩されたこと事から、それをきっかけに私もやめました。大昔の和紙のハガキに描いた春蘭が、筆運びがいいと言われ嬉しかった事が今では懐かしい。

梅、竹等描いて額にいれていますが処分しようかと思っています。

 

今は気が向いた時季節の花等スケッチし色鉛筆で遊んでいます。

結局60代の頃描いた計画は夢に終わりました。

 

高齢になると一日の過ごし方も考えさせられます。

気ままに昔料理や皆さんのブログから保存食の作り方を参考に自分流にアレンジして作ってみたり、気ままに過ごしております。

でも、見かけによらず、素敵ななき声のサブちゃん、日向ぼっこのサブちゃん、メタボのサブちゃんと過ごしましょう。

IMG_5010.jpg










tag : 水墨画

もうすぐ12月
IMG_4996.jpg 

もうすぐ12月、初冬にしては柔らかい日差し。

東の空き地にイチョウの木がありますが一週間前頃から色好き始め、やっと綺麗な黄葉になり鮮やかさが目立ちます。

近くにある里山(旦山)は竹ばかり増えて彩はないので目立って綺麗です。

 

今年は海も猛暑の影響で海水温が高めで、海流のちょっとした変化で10月は魚類や車海老の水揚げが少なかった様です。


IMG_4992.jpg

 

日曜日、何時もの魚屋さんから「車海老が沢山獲れた様なので、如何ですか。今から行きます」と電話がありました。

 

届けて下さった活き車海老1kg)は漁師さんが箱に詰めて下さっていましたので、すぐ息子の所へ冷蔵便で・・・翌日「活きていたよ」と喜んでくれ助かり、後は冷凍に・・・

 

ブト海老も太ってきました。私が若い頃姑が新鮮な海老があった時は『海老味噌』を作っていましたが、仕事と子育てでよく覚えていません。


IMG_5001.jpg

 

すぐ師走、老いながらもあれこれ頭を巡りますが、時はずれにウツボグサが1輪花を…早咲きのクリスマスローズが蕾を・・・それだけでも気持ちがなごみます。


IMG_4998.jpg

 

山口県内の紅葉の名所も、維新公園も含めてブロ友さんの見事な写真で満足です!嬉しいですね。






tag : 車海老 いちょうの木 クリスマスローズ

花壇

IMG_4990.jpg 

庭の地植えの花は晩秋の短日と共に枯れて彩がありません。

 

プランターも老人には重いので、先日買ったビオラ・パンジーは地植えにしました。

だんだん鉢植えも少なくなりガーデニングには程遠い少しの花達ですが、それでも朝、目覚めを楽しませてくれます。

 

先日来無理のない程度に小さなかたづけをしようと思いたちましたが、苦にならず整理が出来る日もあれば、動きにくい日もあります。

 

心の中では遠くでなく維新公園のメタセコイアの黄葉、落ちた後の裸木の林立も好きな風景の一つです。鹿野や津和野の紅葉も頭の中に浮かんできます。

 

ささやかな晩秋の巡りも私には出来ませんが、自然を動かないで感じることは高く澄んだ空です。綿雲の浮んだ空!出掛けられない私には最大のプレゼントです。

 

先日納屋の台の上の整理をしましたら黒ずんだダンボールの中から、くたびれた軍手、針金、マッチの小箱が・・・くだらないものが沢山あり綺麗に処分して整理、それだけのことで気持ちがスッキリしました。

こうして少しずつ整理していくと以外といらない物がたくさんあることにビックリ!!

次は出窓の下と計画していますが、昔の大きな鍋はどうしましょうか・・・

IMG_4991.jpg 


IMG_4987.jpg

 

寂しくなった庭には風で倒れたツワブキノコンギク椿で一番先に花をつける初嵐が開花して気持ちをまぎらわしています、僅かでも嬉しいですね。北海道は積雪の予報、サロベツ原野を映していましたが私の少ない旅の中であの大地でときめいた事が浮んできます。


IMG_4989.jpg

 

ソフアーの敷物を黒(暖かい)に代えましたら、サブちゃんが「なんだか違うぞ??」と思ったのか、始め戸惑っていましたが、やっと休むようになりました。


IMG_4986.jpg







 

tag : 花壇 ノコンギク ツワブキ 椿

綺麗になった庭木

IMG_4975.jpg 

24日天候に恵まれ、例年通り宇部から庭木の剪定に来て下さり綺麗にして頂きました。

 

去年まで5人来られていましたが高齢の方もおられ、今年は3人での作業でした。

熟練した技術・腕のある方が近年少なくなりましたね。そう思えば宇部から来て頂き、嬉しくも感謝しております。

 

ただ庭にある樹木でも、腕のある方にかかると“さすが”綺麗になり、見違える程スッキリしました。刈り取った樹木も綺麗に持ち帰ってくださり、高齢の私には本当に有り難い事です。

 

来年も私が生きながらえていれば・・・「来年も?よろしく」とお願い、お会い出来たらどんなにか嬉しい事でしょう!!

 

ブロ友さんのブログには早くもオシドリが飛来しているようで季節の巡りの早い事!ヒヨドリの甲高い声も聞こえます。


IMG_4984.jpg

 IMG_4978.jpg

IMG_4977.jpg


山野草の郵便屋さん、Nさんが野草の花を山から下りたままで「ここに置いておくよ」と勝手口に活けてあり、ヒメツルソバミゾソバタデ等、他にノコンギク、お茶の花もありました。

野草の花も一輪挿しに入れると、愛らしくホッとします。


IMG_4979.jpg

 

タデといえば小学3年生の時、下校時に小道の傍のタデを根ごと抜いて帰り、画用紙にクレヨンで画いた絵がその当時台湾の児童絵画展に入選し、母がとても喜んで「額にいれようね」と張り切っていましたが絵は帰って来ませんでした。子供心に母に可哀そうと思った事鮮明に覚えています。

 

昔は道の傍に沢山あった草花もいろいろな環境の変化で見あたらなくなりました。

 

今朝は庭を綺麗にして剪定していただいてスッキリした庭を眺め、頂いた山野草を生けて心の安らぎを感じています。

 

サブちゃんの怪我も殆どなおりました。やっぱり獣医さんにすがって良かった!

IMG_4974.jpg






 

  

tag : 剪定 山野草 ヒメツルソバ ミゾソバ タデ ノコンギク

アサギマダラ

P1030673.jpg


昨日午後1時半頃庭に出て見ますと一株のフジバカマに何やら飛んでいます!

 

良く見ると何と!!!

アサギマダラ1頭ひらひらと飛んだり止まったり!!!

 

さあ大変・・・躍る胸を押さえながら急いでカメラを取りに行き、椅子を用意(お願い!逃げないで)と念じながら構えたのですが・・・止まったと思えばすぐ飛び立ち隣の空き屋敷の方へ飛び、また飛んできて、私も心が躍り一瞬のシッターが押せず残念。

撮る事が出来ませんでした。

 

一株のフジバカマを植えて三年目、「鉢植えでも来ますよ」と聞いたことがあり、Nさんがお友達から頂いた立派な株分けを届けて下さり、ずっと花の世話をしていたのですが、まだ一度も見かけた事はなく、淋しい思いをしていました。

IMG_4965.jpg

やっと、やっと我が家のフジバカマにもアサギマダラの訪ずれ。

 

先週土曜日には、長時間立っている事が苦痛になるので丸椅子持ち、長沢へ娘と出掛けました。

今年は酷暑・台風と気候の変化が激しく、フジバカマの花の状態も去年より悪く白花のほうに偏っていましたが、今年も逢えた喜びはひとしおでした。

 

IMG_4967.jpg

この日はお天気も良くて、対岸の湖畔に映る低い山並みが、出掛けない私には新鮮で癒されます。

IMG_4968.jpg

 

フジバカマの株分けを下さった方は亡くなられたとNさんから聞きました。

きっと澄んだ秋の空から、蝶になって降りて来られたのではと・・・

昨日の一瞬の飛来に長生きすれば、こんな幸せもあるんだなと思わずにはいられませんでした。

 

僅かな時間訪ねてくれた一頭のアサギマダラ「どうぞ無事に南下して欲しい」と、忘れる事の出来ない私には“ビッグニュース”でした。










tag : フジバカマ アサギマダラ

サブちゃんの怪我

IMG_4940.jpg 

待ちわびた秋も早10月半ば、紅葉も北国の高い所では綺麗に色ずいていることでしよう。

 

老いてゆくのも心身共に早く“明日は、明日は”と頭の中にはいっぱい計画表があるのですが出来ない事が多々あります。

 

狭い庭も彩なく、どこにでもある“ホトトギス”と“ダルマギク”“ノコン菊”はまだ固い蕾。


IMG_4936.jpg

 

庭に出るとサブちゃんが付き歩くのですが、少し元気がありませんでした。

怪我をしている事に気付き、先日本家のFちゃんにお願いして、嫌がるサブちゃんをキャリーバックに入れ、午後、桑の山獣医に連れて行きました。

何時ものように麻酔を打たれぐったり・・・

 

4㎝丸み脱毛して1㎝の穴があいて・・・

説明では化膿して脱毛、穴があいたとの事、消毒、抗生物質注射、粉薬、爪切りを終えて診察が終わりました。「粉薬を朝晩ふっていいですよ」大事に至らず、通院も無くほっと一安心、何もしないのに疲れが一度に出ました。

 

高齢者がペットを飼うこともいろいろあり、考えさせられました。


IMG_4925.jpg

 

元気になったサブちゃんと快晴の秋空、今年のシモバシラの白い花穂を整理、クリスマスローズに追肥、少し作業ができました。

 

去年Nさんと行った長沢池傍のフジバカマに、突き当たるほどのアサギマダラが・・・まだあまり知られてなくて、震える私の手でもアップで綺麗にとれました。

しかし、ブロ友さんから大村益次郎の砂の家紋の事を知り、写真を撮ろうと思ったら少し高い所からでないとうまく撮れないので、思い通りの写真はとれませんでした。

IMG_4928.jpg 

土曜日お天気が良かったら娘と訪ねて見たいと思っています。

IMG_4920.jpg 
カリガネソウ



















  

tag : カリガネ草

ルリタテハ幼虫

IMG_4905.jpg 

今年も4日前からホトトギスに幼虫3頭(幼虫は数えかたが色々の様です)が、黒いからだに小さなトゲとヒゲの目立つ姿で一心に葉を食べていました。

 

翌日は茎だけになり、この調子だと殆ど食べつくすだろうと3日目に覗いて見ますと、3頭ともいません。ホトトギスはまだ沢山あるのですが?


IMG_4899.jpg

 

何時もは見る間に葉はなくなるのですがどこに行ったのでしょうか?

蛹らしき姿も見あたりません、もっと沢山食べても良かったのに寂しく思いました。

 

一昨年までは花を待っている私は殺虫剤で落としていましたが、あの幼虫は『ルリタテハの幼虫』と分かり可哀そうな事をしたと心が痛みました。昨年1頭だけフジバカマの上をとんですぐ居なくなりました。


ruritatehakirei.jpg

 成長したルリタテハ(ネットより)

“どこで蛹になり”“どこを舞って”“どんな食事”と・・・

ゆとりの少なかった私は幼虫がいなくなって色々なことが頭を巡りました。

 

今日も丁寧に見ましたが姿はありません。

今年の猛暑で蝉しぐれも聞けませんでしたが、やっぱり淋しいですね。

アサギマダラも無事に南下しているでしょうか?

 

今日、知人から栗を頂いたのですが、収穫して少し時間が立っていた様なので、渋皮煮を作るのに鬼皮がうまく剥けず、色も綺麗に仕上がりませんでした。

今年も収穫後の良い栗があったら、頑張って渋皮煮を作ろうかと思っています。


IMG_4907.jpg

 

秋雨前線の上下で涼やかな秋空が望めません。

被災者の方々の事を思えば不足を言ってはいけないなあと反省しております。





 

tag : ルリタテハ幼虫 栗渋皮煮 コスモス

白花ヒガンバナ

IMG_4892.jpg  


我が家に咲いているのはシロバナヒガンバナ【クリーム色】です。

毎年の事ですが今年は“ヒガンバナ”の事はすっかり忘れていました。

 

調度、その位置にダルマ菊が勢いよくはびこり気がつきませんでしたが、その間から何やら白いものが覗いて「何だろう?」と良く見ると、“シロバナヒガンバナの蕾”が出ていたのです!

 

多分、ダルマ菊に押さえられた状態だったのでしょうね・・・

だから咲くのが少し遅れたのかもわかりません。

土の温度?日照時間?時間?・・・と、伸び始めたら一気にぐんぐんと!綺麗に開花しましたよ。一般的に見かけるのは赤いヒガンバナ、我が家はシロバナヒガンバナ
ヒガンバナ(赤)とショウキズイセン(黄)の交配種の様で、白・薄いピンク等色々あるようです。

花も大輪で、庭を覗いた方は「珍しいね」と楽しんでいかれます。

 

あちこちの見事な花に負けずに咲く“クリーム色の我が家の花の力”に感動しました。

あの雄しべのカーブの線、じっくり観察すると楽しいものです。


IMG_4886.jpg

 

先日Nさんが山裾に咲く白い繊細な花、“仙人草”を手折って来て下さり、仙人の髭のようだからの名前の様です。花瓶に活けましたが清楚で山にひっそり咲く花とは思えませんでした。

 

昨日は“ママコナ”を…小さな蕾、小さな種がご飯粒に似ていることから付けられた名前の様です。3センチ位の小さな花です。


IMG_4896.jpg

 

自然の小さな花を少しずつ届けて頂き、花を見ると心が和みます。

こうしてみんなに色んな花や情報を頂き、秋を楽しむことが出来ます。

 

ミニ菜園も今年はやめようかととも思いましたが、娘に買ってきてもらった野菜の種を蒔きましたら、大根、ほうれん草、サニーレタス等発芽しました。ママゴトのようですが野菜の成長をみるのも、毎朝の楽しみの一つでもあります。お陰でで食事も美味しく頂けます。

 

娘をはじめ、みんなから「転ばないようにね」と何時も言われます。

でも、本当ですね!ちょっとした注意を怠ったり、慣れている自宅だからとついつい慎重さに欠ける場合もあるかと思います。自分に「注意して、慎重に!急がず!!」言い聞かせる様にしております。

 

サブちゃんは私がお風呂に入る時間になってお湯を出し始めると、決まってトコトコとベッドの右片隅のバスタオル所定の位置に一目散!!

多分、猫なりに「お婆ちゃんがお風呂に入り、寝るんだな」と習慣でわかっているのでしょうね。

「じゃあ、俺も寝るか」なんでしょうかね。朝は5時には起きてベッドからおりて、下で待っています。


IMG_4890.jpg

 





 

tag : ヒガンバナ シロバナヒガンバナ 仙人草 ママコナ

手術後の経過

IMG_4879.jpg 

9月になって災害(台風21号)・地震(震度7)と立て続けに心痛む事がありました。

台風の接近・通過により西日本から東日本にかけて非常に強い風が吹き、激しい雨でした。

四国や関西地方(関空)の被害、台風が去ると今度は北海道胆振地方の地震・・・

普通の生活に戻るためには、かなりの期間がかかるかと思いますが、くじけないで欲しいと切に願っております。

 

私も個人的に今年の春に転んだりと大変な日々が続きましたが、やっと嬉しく笑顔を取り戻せる様になりました。

 

先日(1日)娘の車で脳神経外科クリニックへ退院後3度目の診察に行きました。

何時ものように診察前に頭部のCTを撮り診察室へ・・・経過がどんな事になっているのか不安もありました。稀に手術後も少しずつ血腫が溜まる場合があると聞いていましたから、先生も万一の事を考えられてCTを撮られたようです。

 

モニターには一番最初に撮った血腫で偏った脳、術後2回目の写真、そして今回の3度目の写真。

img037.jpg
手術前

img037 - コピー

手術後


「隙間が無くなっています。念の為にとCTを撮りましたが、もう大丈夫、今服用している薬は飲まなくていいので捨てて下さい。もう来院する必要はないですよ。でも転ばないように気をつけて下さい」と優しいお言葉でした。

 

あちこち故障のある体ですが、“脳が故障したら”と・・・

結果は手術を早くしたお陰かと思います。先生に深く感謝、有難いことです。

 

内科の山本先生も2週間ごと往診して下さり、心配事があれば相談にものって下さり、こんな細い体でも日々を大切に過ごしていかなければと思います。

 

狭い庭に猛暑にも枯れずにシユウカイドウの紅白が・・・シュウメイギクの紅白もたくさん蕾をつけて少し開花し始めました。


IMG_4884.jpg

IMG_4883.jpg

IMG_4880.jpg 

一昨年Nさんに鰐鳴神社に連れて行って下さった帰り稲田の土手に愛らしい小さな花が・・・

「ツルボよ」と教えて下さった事がありましたが、先日朝のラジオで「花言葉」は風情のある

 

出掛ける事が少なくなった私には出掛けられなくても、耳から目からいっぱい秋の始まりを感じています。





 

tag : シュウカイドウ シュウメイギク ルツボ

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 92歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR