2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
アサギマダラ

IMG_4475.jpg


久し振りに雨が上がりご近所から頂いた栗。

3度目の渋皮煮を作っていますとNさんから「普段着のままでいいから長沢までドライブしませんか?」とメール「お願いします」と返信。

 

もしや?と胸弾ませて、ショルダーにカメラを入れて待っていますと時間通りにNさんの車!

何時もドアまで開けて・・・私は自分で出来るのですが気づかって下さるのです。

IMG_4473.jpg 

IMG_4464.jpg

 

車に乗ると「長沢の池の傍に、先日ドライブした時1頭のアサギマダラを見ましたよ。雨が上がったので多分いるのではないかと思いますよ」との事。

IMG_4472.jpg  

 

長沢稲荷神社の傍の空き地にフジバカマが植えてあり、「ここよ」と・・・

降りてみますといました、いました!!!

すぐ傍を30頭位が花から花へ飛んで賑やかでした。

 

絹糸のような細い管で蜜が通るのかと不思議、体も小さくどこからそんなエネルギーが出るのか?愛おしさを感じます。明日も晴れるよう祈る思いでした。

 

長沢の池干潟に直径20m程の砂絵があります。大村家の家紋(桔梗)、貨幣の砂絵が作られ見学者も多いとの事。Nさんが少し高い所から撮ってくださいました。岸側の野草も名前を教えて下さったのですがメモしてないので帰った頃には忘れて・・・Nさんはとても物知りで色んな事を教えて下さいます。

22277486_144290836218892_1796470852959600640_n.jpg 

IMG_4484.jpg 
IMG_4495.jpg 

  
対岸の山容が湖面に映り胸の広がる風景で、久し振りの喜びと自然との出会いでした。

Nさんお疲れ様でした。とっても大きなプレゼント!!有難うございました。

 

蝶もどうぞ無事で南下できますように願いながら・・・深く感謝の日でした。

 

 


スポンサーサイト

tag : アサギマダラ 大村益次郎 長沢の池 家紋

梅ジャム
IMG_4258.jpg

毎年6月のこの時期ご近所から完熟梅を頂きます。

完熟した立派な南高梅で果肉も多く、梅漬よりもジャムにぴったり!!
ダンボール箱に二日程熟成させて、半日水につけて昨日ジャムに取り掛かりました。

梅は刻む事もなく、鍋に梅が出る位の水を入れ、沸騰しなくても湯を流し冷めてから、柔らかくなった梅の種を手で取ります。
それから砂糖を入れて弱火で煮詰めていきます。

完熟していたので、砂糖は60%(60%~80%)で蜂蜜を使ってみました。
砂糖は5回位に分けて入れ、弱火で絶えずかき混ぜて、丁寧にアクを取り、蜂蜜を多めに入れ出来上がりました。

IMG_4267.jpg

綺麗な色、甘酸っぱく2キロの梅で3本半完成!
早速、お友達にメールしましたらすぐ来られ、「恥ずかしいけど気持ちよ」と、可愛い花束を持って来て下さいました。こんな事をさりげなくしてくださる気持ちが嬉しくて・・・

IMG_4269.jpg

今日は自家菜園のきゅうりが沢山とれましたので、保存できる『キュウリのきゅうちゃん』作りにしましたが、去年のレシピを書き忘れて、調べてもみんなそれぞれの作り方がある様です。思い出しながら作ってみましたが満点ではないかも・・・

でもキュウリは無駄にならずにすみました。
こうした保存食もこの頃は敬遠されるかな?!

IMG_4268.jpg

サブちゃんは私の朝のゴミ出しには必ず、所定の位置まで来て帰ってくるのを待ってくれています。「お利口さんね」と撫でてあげます。
IMG_4262.jpg






テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : 梅ジャム 完熟梅 きゅうりのきゅーちゃん

鶯の初音

IMG_4116.jpg


今年の春は気象が変わりやすく一昨日・昨日と雷鳴響き、山口県に初めて竜巻注意報が出て梅雨明けのような大雨でした。

 

一週間位前から山芍薬の蕾が3輪ついてお天気が気になっていましたが、強い雨にうたれても今朝綺麗に開花していました。

 

去年は大きな蕾を11輪つけて、今年もと思っていたのですが、瀬戸内の夏の暑さに負けたのか、はじめて少なめな花となりました。

 

40年余り、毎年大きな蕾をつけていたのですが、その間に2回掘り上げて根の整理をして楽しみました。今年は初めて寂しい花となりましたが、花をつけただけで山の風景が浮かんできます。

 

ずっと昔(40年以上も前・・・)妹と青野山に山芍薬の大群落を見に登りましたが、登山したことのない私でも少し登った所に一面の芍薬の群落に汗も吹っ飛んだことが思いだされます。

IMG_4137.jpg

 

狭い道の傍に実生苗がいっぱいで、踏むのが可哀そうな位生えていました。

妹について行けず降りましたが、あの光景は忘れる事がないでしょう!

その後、業者が車で来て盗掘後、保護されて今はあちこちに群落があるようです。

 

その当時9号線からの入り口の木の下で農家の方が草刈り機で一面のピンクのイカリ草を刈っておられるのでびっくり!その当時はただの草だったのでしょうね。

IMG_4123.jpg

 

その時の1株のイカリ草が毎年花をつけピンク色が淡くなりましたが、庭の片隅で咲いています。今は昔のなつかしい思い出・・・

 

柿の木村を通った時は小さな川の傍にいっぱいフシグロセンノウが咲いていて、1株根を抜いて植えましたが、毎年8月初めに咲きヤハズススキと籠に生けてみると涼風のようで大好きです。

そのフシグロセンノウも平成11年の大型台風で駄目になり、翁草も・・・やはり山野草は野にあってこそ輝きます。

IMG_4133.jpg 

きゅうりを移植しましたが元気よし!
でもトマトはうまくいきませんでした~残念!

 

嬉しいことに今日は鶯の初音を耳にして、新鮮な気持ちになりこれからの季節が楽しくなりそうです。

 







テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : きゅうり 山芍薬 実生苗 イカリ草 フシグロセンノウ

エイプリルフール=結婚式♥

IMG_4090.jpg 

41日と言えば・・・すぐ頭に浮かぶ思い出があります。

世間一般では“エイプリルフール”ですが・・・

 

自分でも不思議な程69年間~毎回浮かんでくる光景~鮮明に焼付いています。

69年前の私の結婚式です。

仲人さんを通して31日お見合い、前触れなしに朝早く一人で来られ、私は出掛ける支度をしていた時(その当時は市役所勤め)でしたので、お話ししながら途中でお別れして私には正直な気持ち何の関心も無かったのですが・・・

 

両親が家族みんな穏やかで男ばかりの4人兄弟の長男、婚期が遅れるからと仲人さんを通して相手側も是非と決まり、315日結納、41日結婚式と・・・

あららと言う間に決まりました。

 

今思い出して不思議です。自分の心に問いかけもせず親の言うことに間違いはないと、その頃は純真だったのですね。

 

41日花嫁姿で初めてのタクシー、初めての婚家先。

日が暮れて明るい提灯で飾られ家族に出迎えられて・・・

途中廊下から男の方数人で石のお地蔵二対置いて行かれびっくり!

それは『ここに落ち着いてほしい』の意味だと!

後から聞いて初めて知りました。

 

宴たけなわの最中に春の嵐で停電になり誰かがガスランプを灯して、式の終わる頃やっと停電が復旧、とんだハプニング結婚式でした。

まあ、そんな出来事があったからこそ何年経っても覚えているのでしょうね。

 

今ではあの世から私を見ているのでしょうか???

とても優しい夫で、思いやりで姑と私にも同じように良くしてくれました。

大きな声を上げる事もなく、いつも穏やかな人でした。そう思えば幸せだったなあと思います。

 

みんなを見送って、ついに私一人になりましたが・・・

千の風に守られて、陽射しに後押ししてもらい、花を育て、眺め、喜びを感じています。

今の私にはそれが一番心安らぐ生活ではないかと思っています。


IMG_4093.jpg

 

チューリップも蕾が伸びました。

Nさんからの一株の三寸アヤメにふっくらと蕾をつけ、ヒゴスミレも可愛くあちこちに開花、やがて家から見える3か所の桜も満開が待たれます。


IMG_4092.jpg

 

妹に電話で結婚記念日の話をすると「そんな昔のこと忘れたよ」と笑われました。

さてさて夢の中で夫に会いましょう!






   

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : チューリップ 三寸アヤメ ヒゴスミレ

のんたさん

        IMG_3551.jpg 

IMG_3555.jpg


14
日の夜、熊本の大震災が起きて以来テレビでは、度々の強い揺れに壊れた惨状が繰り返し報道さ

れていて、被災者の方の心情を思う時、改めて自然災害の猛威に驚いています。

被災者の皆さまに深く御見舞申し上げます。

 

昨日、予想外のお客様にびっくりぽん!

毎年庭の剪定でお世話になっているSさんご夫妻(ブログ友達でもあるのんたさん)が訪ねて下さいました。奥様にはお初にお目にかかりましたが、綺麗でお若い!

 

離れた宇部からわざわざ、茹でた筍、わらびを沢山届けに来て下さったのです。

 

お日様に当たらない筍を山ですぐ茹でられて綺麗な水に・・・真っ白い筍は綺麗に薄皮を取りすぐ調理できるようにしてありました。

手間のかかる作業を思う時、お心の程が伺えて嬉しかったのですが、後のご用事があるようで何のお接待も出来ず心残りでした。

 

お店で買って糠で茹でたのと違って甘みがあってどんなお料理にも向いて、早速筍の木ノ芽和えに・・・香り良く筍のお味のいいこと!


IMG_3557.jpg
 
IMG_3556.jpg


わらびは昨夜あく抜きしていましたので、白和えを作ることにしました。

練りゴマを多めに入れて白味噌でわらび、人参、筍を和え美味しく出来上がり。

 

娘達は何時も昔料理と思うでしょうが私達は自然いっぱいの食卓でしたから忘れられないレシピです。


IMG_3553.jpg

 

沢山頂きましたので当座用に酢を少し入れた水につけて、あとは砂糖を少しまぶして冷凍にしました。以前は筍の冷凍は駄目でしたが砂糖を少しまぶすことで味も歯触りも変わらず重宝しています。


IMG_3559.jpg

 

あく抜きした残りのわらびは、甘み控えめの酢、うすくちに漬けて瓶に詰めています。

(以前Nさんから聞いてたので)

 

のんたさんご夫婦のお骨折りの春の食材、大切に頂きますね、有難うございました!!






 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : たけのこ わらび 白和え

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR