FC2ブログ
2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
5月の庭

IMG_5196.jpg 

令和元年の5月も変わりなく静かに過ぎて行きます。

 

吹く風も万緑の風が爽やかで、朝5時前に明るくなりサブちゃんにうながされて自然に早起きになります。

 

先日24日新芽の伸びた生垣の剪定に、例年通り宇部からのんたさん(プロ友)、Sさん二人が朝8時前には来て下さいました。


IMG_5201.jpg

 

老婆の粗末な庭の手入れに来て下さる二人のお気持ちが嬉しく、手入れされたお仕事に感謝しております!摘み落とされた葉屑は動力で吸い取る後始末をされビックリ!

剪定といっても手入れの行き届いた様々な機器が必要、脚立の移動も大変、こうした方が来て下さるので有難く近所から、「何時も綺麗ね」と・・・長生きの秘訣かも?


IMG_5194.jpg

 

イチリンソウは4月から清楚な白い花をつけ、ベニガクアジサイも花をつけ私のささやかなときめきです。少し寂しいのは源平しもつけが枯れ、径50㎝のセッコクが弱り花はちらほらで香りもあまりしません、気候の変化なのでしょうか?


IMG_5193.jpg

 

以前の剪定の時に、「玄関の郵便受けの位置が高くて、私の手が届かない」事を話していましたら、この度、きちんと直してくださりその厚意がとっても嬉しくて!!

 

気になっていた悩みが一つ解決してほっとしました。本当にありがとう。


IMG_5204.jpg

 

陽射しが大好きなサブちゃんも、さすがに気温が上がると外に出ても、木陰に移動しながら私が行く方へ移動して来ます。そんな姿を見ると、サブちゃんのためにも一日でも長く一緒にいてあげないと・・・そう思うと涙がでそうですが、前だけ向いていきましょう。


IMG_5191.jpg

 

 

 

 

  
スポンサーサイト



tag : 植木 剪定 紅額アジサイ セッコク イチリンソウ 郵便受

令和になっても

IMG_5188.jpg


令和元年の皐月

里山が盛り上がる新緑の時年号『令和』となりましたが、高齢者は令和に馴染むのに時間がかかりそうです。

 

過去のブログを見てもその時期に庭に咲く花は変わらず同じ花。

その時期が来れば芽をのぞかせ花をつけると・・・

今年もこの花に出会えた!この喜びは何年続いても格別です。

 

体の衰えと小さくなる胸の感動はどうする事もできませんが、毎日の食事の用意、それからミニ菜園にきゅうり、トマト、ピーマン等を何とか植える事ができました。

 

先週は、娘婿が作ったいちごやツワブキを沢山持って来ましたので、小さいのはいちごジャム、大きいのはおやつ代わりに頂き、ツワブキは皮を丁寧に採ってキャラブキふうに沢山作り、すっかり指先は真っ黒、単調でも同じ作業をするので少々疲れましたが無駄にはしませんでした。

IMG_5187.jpg

 

庭のチョウジソウが薄いブルーで開花・イチリンソウシモバシラ等調子良く毎朝の楽しみです。

IMG_5185.jpg

 

知人から鉢にセットされたアマリリスを頂き、世話をしていましたが径10㎝位の見事な真紅の花が開花して鉢花の中で際立って華やか!

こんな庭いじりをしていますと、必ずサブちゃんが傍に来ています。

先日もパソコンを開けているとキーボードの上にあがろうとしましたので、きつく怒るとすぐ傍のテーブルから降りません。サブちゃんと一緒に勉強?しました。

 

この頃は皐月の空に泳ぐ鯉のぼりが見られなくなりました。沢山あった息子のための吹き流しや鯉は随分前に寄贈しました。

IMG_5182.jpg

 

狭い庭が私の世界。どれだけの年号を迎えた事でしょう!

IMG_5179.jpg

『令和』の年号どれだけ楽しまれるでしょうか?

IMG_5177.jpg 

 









tag : いちご つわぶき チョウジンソウ イチリンソウ シモバシラ アマリリス

下山
IMG_5084.jpg 

立春が過ぎても晴れの日が少なく、歌にあるように『外に出たい』と願っている日々です。

IMG_5079.jpg

 

そんな中、やっと陽射しがあり・・・

外に出てみると、近くにオオイヌフグリがいっぱい咲く所に雑木がはびこり、荒れ放題。

ホトケノザも無くサブちゃんと帰り際に荒地にあるさくらんぼの花芽が膨らみ風に揺れてホッとしました。


IMG_5087.jpg

 

庭のクリスマスローズが次々に咲きますが、花が下を向いて咲きますので覗きこまないと見れないのが難点です。水揚げも悪くスケッチしかないのかなぁ。

 

日射しのある時は少しでも外に出る様にはしています。

そうするといつの間にか、後ろには必ずと言っていい程サブちゃんが着いて来ています。

少し前に郵便を出そうと近所のポストへ・・・

そうしたら、遠慮しながらの猫の鳴き声、「あれれ?」あれはサブちゃんの鳴き声。

まあ!!いつの間にか後ろを着いて来ていたんですよ。

こんなお婆ちゃんでもサブちゃんは好いてくれている様です。

娘にも良く言われますが「サブちゃんのために長生きしなきゃあね!!」と。

そうですね、サブちゃんのために一日でも長く生きていてあげないと可哀想。


IMG_5074.jpg

 

2月初旬には社会福祉協議会や自治会女性部の方々が作られた『75歳以上一人暮らしの高齢者に福祉弁当』が届き美味しく頂きましたが、地域の方からも支えられている事を改めて実感しました。


IMG_5072.jpg

 

最近『活字』から離れていましたが、これではいけないと読みやすい本でもと、五木博之さんの『孤独のすすめ』を読み始めました。人は年をとると孤独という自由を手に入れる・・・なるほどと納得ができました。

 28556715_1.jpg

登山で苦労して頂上を極め達成感で喜び大感激!下山ではゆったりと回りの連山を眺め天空の岩の影に咲く小さな花に癒され日時が過ぎて、孤独の中で想像してみる孤独の時間も必要、楽しい時間だと書かれています。公的年金は働いてきたご褒美だがいまの少子化の若者が背負っていることも


忘れてはならないとも・・・

自分の最盛期の回想しながら過ごす日々も楽しい、下山した時の回想と同じとありました。

 

確かに上る時は一生懸命で目の前の事ばかり考える。

下りはゆとりが出来て心の余裕もできる。

 

アルバムを見ますと「これ私?」ほのぼのと見入っています。作者の通りにはいきませんが少し楽しい毎日が過ごせそうです。





花壇

IMG_4990.jpg 

庭の地植えの花は晩秋の短日と共に枯れて彩がありません。

 

プランターも老人には重いので、先日買ったビオラ・パンジーは地植えにしました。

だんだん鉢植えも少なくなりガーデニングには程遠い少しの花達ですが、それでも朝、目覚めを楽しませてくれます。

 

先日来無理のない程度に小さなかたづけをしようと思いたちましたが、苦にならず整理が出来る日もあれば、動きにくい日もあります。

 

心の中では遠くでなく維新公園のメタセコイアの黄葉、落ちた後の裸木の林立も好きな風景の一つです。鹿野や津和野の紅葉も頭の中に浮かんできます。

 

ささやかな晩秋の巡りも私には出来ませんが、自然を動かないで感じることは高く澄んだ空です。綿雲の浮んだ空!出掛けられない私には最大のプレゼントです。

 

先日納屋の台の上の整理をしましたら黒ずんだダンボールの中から、くたびれた軍手、針金、マッチの小箱が・・・くだらないものが沢山あり綺麗に処分して整理、それだけのことで気持ちがスッキリしました。

こうして少しずつ整理していくと以外といらない物がたくさんあることにビックリ!!

次は出窓の下と計画していますが、昔の大きな鍋はどうしましょうか・・・

IMG_4991.jpg 


IMG_4987.jpg

 

寂しくなった庭には風で倒れたツワブキノコンギク椿で一番先に花をつける初嵐が開花して気持ちをまぎらわしています、僅かでも嬉しいですね。北海道は積雪の予報、サロベツ原野を映していましたが私の少ない旅の中であの大地でときめいた事が浮んできます。


IMG_4989.jpg

 

ソフアーの敷物を黒(暖かい)に代えましたら、サブちゃんが「なんだか違うぞ??」と思ったのか、始め戸惑っていましたが、やっと休むようになりました。


IMG_4986.jpg







 

tag : 花壇 ノコンギク ツワブキ 椿

サブちゃんの怪我

IMG_4940.jpg 

待ちわびた秋も早10月半ば、紅葉も北国の高い所では綺麗に色ずいていることでしよう。

 

老いてゆくのも心身共に早く“明日は、明日は”と頭の中にはいっぱい計画表があるのですが出来ない事が多々あります。

 

狭い庭も彩なく、どこにでもある“ホトトギス”と“ダルマギク”“ノコン菊”はまだ固い蕾。


IMG_4936.jpg

 

庭に出るとサブちゃんが付き歩くのですが、少し元気がありませんでした。

怪我をしている事に気付き、先日本家のFちゃんにお願いして、嫌がるサブちゃんをキャリーバックに入れ、午後、桑の山獣医に連れて行きました。

何時ものように麻酔を打たれぐったり・・・

 

4㎝丸み脱毛して1㎝の穴があいて・・・

説明では化膿して脱毛、穴があいたとの事、消毒、抗生物質注射、粉薬、爪切りを終えて診察が終わりました。「粉薬を朝晩ふっていいですよ」大事に至らず、通院も無くほっと一安心、何もしないのに疲れが一度に出ました。

 

高齢者がペットを飼うこともいろいろあり、考えさせられました。


IMG_4925.jpg

 

元気になったサブちゃんと快晴の秋空、今年のシモバシラの白い花穂を整理、クリスマスローズに追肥、少し作業ができました。

 

去年Nさんと行った長沢池傍のフジバカマに、突き当たるほどのアサギマダラが・・・まだあまり知られてなくて、震える私の手でもアップで綺麗にとれました。

しかし、ブロ友さんから大村益次郎の砂の家紋の事を知り、写真を撮ろうと思ったら少し高い所からでないとうまく撮れないので、思い通りの写真はとれませんでした。

IMG_4928.jpg 

土曜日お天気が良かったら娘と訪ねて見たいと思っています。

IMG_4920.jpg 
カリガネソウ



















  

tag : カリガネ草

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 93歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR