FC2ブログ
2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
想いがこもった奈良着

IMG_5262.jpg 

今年の気候(梅雨)は例年と違い、晴れたかと思えば大雨、曇日ばかりが続いたりと体調を崩しやすく、食欲減退です。高齢の私達だけでなく、若い方々も毎日着る服も半袖?長袖?と悩むと聞きます。

 

毎年、この時期になると“奈良漬”をする作業が恒例でしたが、体調を崩したので諦めていました。そうこうする内に体調も何とか良くなってきた様な気がして、思いきって今年が最後の“奈良漬”作戦を行うことにしました。

 

いつものお店に新鮮な20キログラム、酒粕4袋、砂糖4キログラム、焼酎、塩をお願いし届けて頂きました。


IMG_5261.jpg

 

毎年7月になれば同じ事の繰り返しですが、立派なが届きますと勇気が湧いてきます・・・

今年は体調が優れず・・・それでもが新鮮なうちにと、菜切り包丁で一気に割り、中の種を綺麗に取り除くのですが、その作業が大変でした。

 

綺麗にした所へ妹が「手伝いに来たよ!」

一番大事な塩加減手伝ってもらったのですが、私は何時も手加減ですから、頼むのに苦労しました。

 

2日間漬けて、あくる日は重石を軽くして笊にあげます。

丁度、15日娘が休みで粕漬けの手伝いに来てくれて大変助かりました。

酒粕がかたいので混ぜ合わせながら、やり方を説明。

 

60数年欠かしたことのない仕事ですが、今年程疲れた事はありません。

いくら気持ちはあっても一年事にこんなに体力、気力が落ちるんだと納得です。

10キログラムと5キログラム2個完了!!

娘とザルや入れ物を洗ったりして、綺麗に片付いた時は、心からほっとしました。

サブちゃんは二人の作業をじっと座り見ていましたね。

 

家の周りから外に出た事のない私はこうした手仕事でも、娘の手助けがなかったら出来なかったと思います。

 

今年で最後の“奈良漬”だと思いますが、喜んで下さるみなさんの笑顔を思い出したら、何だか胸が熱くなりました。

IMG_5266.jpg 
 

庭の鶏頭の花の色がとても鮮やかです。斑入りのシャガがこの季節爽やかで際立っていて、朝の目覚めを楽しませてくれます。

 IMG_5271.jpg 


9月まで体調を崩さないように配慮して、山口での孫のコンサート、私にとっては最後になる事でしょう、今の私の一番の楽しみです。


IMG_5258.jpg







 
スポンサーサイト



テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : 奈良漬 シャガ 鶏頭の花

湿度の多い日々は

 
IMG_5210.jpg


6
月に入り湿度の高い日が続きますと動きも鈍くなり、足や腰が思うようにならず「今日はこれをしよう」とか思ってもなかなかはかどりません。

 

先日、魚屋さんが鮮度のいいエソ見かけ、お寿司に使う“そぼろ”を作る事に思い立ち、捌いて皮取りをしましたが、なかなか大変。

IMG_5231.jpg


そぼろ

① 3枚におろした身を 

② 生姜の輪切り・酒を少し入れ沸騰した中で

 ③ 身が白くなったら笊にあげて 

④ 砂糖、塩少し入れて弱火で崩しながら食紅で薄いピンクに 

⑤ サラサラになったら大きな洋皿にうつし 

⑥ ペーパーの上で小骨を繰り返し丁寧に取り除いて仕上がり!

 

小分けして冷凍にしておくと重宝します。あまりお寿司を作る事はありませんが、新鮮なエソがあった時には作っておきます。


IMG_5232.jpg

 

そぼろ”作りで疲れていた所に、Hさんから何時も頂く梅1Kg

じゃあ・・・梅ジャムを作る事に・・・

梅ジャム

① 5時間位水につけ優しく洗い

② ひたひたの水を入れ、触って柔らかくなったら湯を捨て

③ 種を取り、梅重量を計りその重さの80%程度の砂糖を5回位にわけて

④ ひたすら混ぜて

④ アク取りが面倒ですが、皮を刻む事も無く蜂蜜少し入れて完成


IMG_5233.jpg 

 どなたか好きな方にさしあげましょう。

 

そぼろ」「ジャム」作りは立っての手仕事でしたのでとても疲れましたが、出来た事への達成感と喜びでホッとしました。

IMG_5218.jpg 

IMG_5222.jpg 

そろそろ、狭い庭にもアジサイの季節が・・・

ヤマアジサイは開花が早く、径5㎝位の可愛い花に心安らぎ大好きです。

 

この頃は少しの事で疲れ、当たり前のことですが、生きものすべてが老いる事を受け止めて、今日をゆっくりと過ごそう!『明日があるさ』私の好きな言葉で過ごしてきた日々を振り返りっています。

50代の頃山口山草会で・・・

霧ケ峰美ヶ原の綺麗な空気の中で深呼吸・・・

少ない旅行の思い出、妹と行った久住コテージの思い出

娘との北海道の思い出を楽しんで・・・

 

梅雨もこれからの季節、思い出を楽しみながら乗り切りましょう!

サブちゃんと一緒に!


IMG_5239.jpg 










tag : あじさい 梅ジャム そぼろ

山菜
IMG_5151.jpg 

あちこちで桜開花のニュースが真っ盛りです。

土の中でも春の地温で山菜の季節になり、知人のEさんから初物のたけのこを頂きました。

土の上にまだ、たけのこが頭を出していないので、足の裏に「これかな?」と感じて掘るそうですよ。

IMG_5156.jpg 
 IMG_5153.jpg 

早速、米ぬかと茹でて優しい山椒で木ノ芽和え、若竹煮に・・・Nさんからは「少しだけど」と優しいワラビ、タラの芽を届けて下さりワラビはアク抜きして白和えに、タラの芽は天ぷらに、自然の山野の恵を少しずつですが初物を美味しく頂きました。

IMG_5168.jpg

 

山椒にビニールを被せていましたのでとても優しく木ノ和えにぴったりでした。

 

和食にぴったりの山椒、生姜、柚子、ワサビ、辛子、みょうが、三つ葉、蓬、大葉等料理の脇役として引き立てます。

 

母がしその実をガーゼに包んで味噌の中に突っ込んでいましたが、戦前の頃は自給自足でしたから生垣の下の蕗や三ツ葉、ミョウガ等立派な脇役の食材でした。

 

酒粕のない頃立派な麦麹で漬けたうり漬けの美味しかったこと!


IMG_5159.jpg

 

昔を思い出せば古き良き時代でしたが、温暖化で地球という星も変わり庭で元気だった山芍薬、フシグロセンノウ、シライトソウ、みんな弱って消え楽しみが少なくなりました。


 

先日はブロ友さんの鹿野の山野草の写真の中でイワウチワの見事な花を初めて見て感動しました、秋、照葉の紅葉が大好きでしたが春あんな見事な花をつけるのですね!

 

山菜の料理からいろいろな良き時代が頭をめぐり、年号も(令和)と変わり、大正、昭和、平成、令和、と4世代を過ごし感無量です。


IMG_5166.jpg

 









 

tag : たけのこ わらび

蕗の薹味噌

IMG_5131.jpg


“暑さ寒さも彼岸まで”・・・“に三日の晴れなし”

は天気の移り変わりが激しく、移動性高気圧に覆われると晴れますが、日本列島の上空を流れている『偏西風』が強いために、高気圧や低気圧の移動速度が速く、天気が長続きしません。

 

我が家の狭い庭の片隅に蕗の薹が出て太るのを待っていましたが小さいままで開きかけましたので花になってはと摘みました。測ってみますと70gしかありません。

 

100gもないので娘にお願いしましたが、お店にも道の駅にも無いとの事。

 

折角の蕗の薹!!無駄にすることも寂しい気がして、洗った後

1.サッとゆでて水につけアクぬき

2.味噌(大 2)・砂糖(大 1)・みりん(少々)・水(少々)混ぜる

3.刻んだ蕗の薹を炒め、調味料を入れて火を通す

IMG_5141.jpg

 

ままごとの様な『蕗味噌』の出来上がり!!

調味料は適当に我流ですが、こんなわずかな(70g)蕗味噌を作ったのは初めてかな。

 

20年前の頃、兄と明木の日曜朝市に出掛けて立派な蕗の薹を買って作り、それを食べた兄が喜んでましたね。あの独特の苦味が好きと言う人と苦手だと言う人もいますが・・・

IMG_5135.jpg  

 

狭い庭のヒヤシンスの球根に今まで見た事のない色が咲きました。

10年位前、自家どりの球根ですが毎年咲いてくれます。

IMG_5149.jpg  

 

白い小花のクリサンセマムも最近蒔いた覚えもないのですが、こぼれ種で賑やかです。

IMG_5145.jpg

 

夕食に蕗味噌と大根の古粕漬けを添えましょう。

下旬には桜も開花、お婆ちゃんにも爛漫の到来で背中が伸びるのを期待していますが?・・・







 

 


tag : 蕗の薹 ヒヤシンス

きんかんマーマレード

IMG_50961.jpg 

先日知人Yさんから立派な『宮崎きんかん』を今年も頂きました。

そのまま食べても美味しいですが、甘露煮かジャムが良いかなと思い、少し大変だとは思いましたが今年もジャム作りに取り掛かりました。


IMG_5097.jpg

 

私が作ったのは

1.へたを取り半日水につける。

2.水を切りかぶる位の湯で沸騰させないで5分程度茹でる、

3.水にさらした後水切り、横半分の輪切り、楊枝で種を取り出す。

4.皮と実に分けてどちらも小さく刻む。

5.白砂糖300g・レモン果汁大さじ3の中に、刻んだ皮と果実を

 入れて約3時間おいてから、水をひたひたより少なめに入れ、

 弱火でアクを取りながら煮詰めトロリとしたら出来上がり。


IMG_5099.jpg

 

ハウスきんかんなので少なめの砂糖にしましたが、保存重視であれば多い方がいいようです。

爽やかな香りと味のマーマレードになりました。

 

去年は茹でないで水にさらしただけで作りましたが、あまりえぐみは感じませんでしたが。

作り方は色々あるようです。


A9D2_0325_20190224110907c2f.jpg

 

ジャム』と『マーマレード』は何が違うのだろうかと思って調べてみたら、

一応、マーマレードジャム類になるのだとか。

ジャム類のうち柑橘類を原料とし、その果皮も含まれるものが『マーマレード

果実片が入らず、果汁を原料として作るものが『ゼリー』

マーマレードとゼリー以外のものが、ジャムだそうです。

 

ジャムとマーマレードも単純な違いですが納得できました。

 

こんな事もパソコンを使いネット環境があるからこそ調べられるのだと、教えてくれた娘に改めて感謝ですね。

 

先日はタブレットに入れてもらっていたアプリが消えたのか?わからないので娘に見てもらい、脳トレゲームを何種類か入れてもらぃました。これで、また、楽しみが増えました。高齢になると判断も遅いし、指の動きも鈍ります。これで毎日ゲームで楽しみながら過ごせます。






 

tag : きんかん マーマレード ジャム

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 93歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR