2018/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
旬菜

P1030226.jpg 

野の香良く山菜の季節になりました。

 

昨日娘が自宅の庭のツワブキを沢山摘んで、コゴミ、ワラビ等持って来てくれました。


P1030228.jpg

P1030204.jpg 

 

随分前に知人の方が「花の咲くツワブキが食べられるの?」聞かれた事があり、びっくりしたことがあります。わざわざ早春頃の山裾に取りに行かれた様で頂いた事がありますが、あの香りが忘れられません。

 

朝からツワブキの筋を取り(少し残っても大丈夫)鍋いっぱい煮ました。

アク抜き後茹でこぼしもしなくても美味しく煮上がった様な気がします。

削りぶしの変わりにちりめんを少し入れ香良く完成!!

はまだ小さいよ」と・・・我が家の庭のを足して700gありましたのでキャラブキもつくりました、細いですがやさしく仕上がりました。

 IMG_4770.jpg

コゴミも1パックあり、薄味の筍と天ぷらに、残りはゴマ和えに・・・癖のない味です。


IMG_4777.jpg

 

ワラビはアクぬきして明日白和えに、筍の木の芽和え、筍ごはん、明日のメニューが楽しみです。

IMG_4773.jpg

 

岩つきの岩ヤツデが白い花をいっぱいつけています、30年位前から・・・未だに元気です。

 

家を建て直した時盆栽の藤を空き地の角に植えたのですが、季節が巡れば長い花穂をつけあっぱれです。


IMG_4775.jpg

 





 

 

  
スポンサーサイト

tag : コゴミ わらび 岩ヤツデ

生姜の活用
IMG_4692.jpg 

先日娘が食材の買い物の中に大きなパックの生姜を買って来ていましたが、新生姜でないので甘酢漬けにも向かず案じていました時、よねさまが『生姜の佃煮』を作られて、それが美味しそうに載っていました。

 

案じることはないと嬉しくなり、早速レシピ通りに作ってみることにしました。

しょうが(500g)、調味料を用意、皮を取って刻み、弱火で水分をとばし、鰹ぶし、仕上げに白ゴマをふり完成!


IMG_4703.jpg

 

写真の通りに出来上がりました。白いご飯の上にのせ、ナメコおろしにも少しのせて、ポン酢にも以外と合って新発見でした。

 

生姜の皮を干して使うなんて、初めて教わり早速干して・・・

煮魚には必ず必要な生姜、今までは生姜そのものを入れていましたが、皮で代用できるなら最高です。

 

娘から時に言われますが、コロッケや豚の生姜焼き等にも便利がよいし、お婆ちゃんレシピにも加わりました。


IMG_4696.jpg

 

裏の空き地の『さくらんぼ』も花芽を膨らませ、露地植えの『クリスマスローズ』も寒痛みがしていましたがやっと元気が出てきました。


IMG_4701.jpg

 

加茂本阿弥椿の大きな蕾も膨らんで雄しべが多いので、メジロがたくさん訪ねてくれます。

少しずつですが、春の兆しが見え隠れします。


IMG_4695.jpg






tag : 生姜 さくらんぼ クリスマスローズ

九条葱といかのぬた
IMG_4686.jpg 

先週はこちらも雪が予想外に降りましたが、玄関先の雪が溶けたのがわかると、少し庭先を綺麗にしようと落ち葉の掃除を始めました。

掃除をしながら『蕗の薹』はどうなってるだろう?と覗いてみると早春に出たままの姿で少しもほころびて(成長)いません。

 

やはり蕗の薹は根元の赤い山の蕗によくでるようです。

少しでもほころびていれば『12個』も出ていますので蕗の薹味噌と思ったのですが・・・

これではできません。


IMG_4682.jpg

 

ご近所から立派な九条葱を頂いていましたので、『葱ぬた』を作ろうと思いつき・・・

固い薹2個を茹でて刻み、酢味噌に入れてイカと和えてみました。

“苦味”と“香”が意外にもマッチして夕食の一品になりました。

 

今年は冬野菜の育ちが悪く我が家の薹は、ほころびずに終わるのではと思っています。

でも九条葱は寒い中で育ち美味しく、冷凍イカと香がマッチして春を感じさせてくれました。

お料理も固定観念にとらわれずに色んな発想で作ってみたら、違った味わいもあることでしょうね。いつも娘に言われますが・・・昔人間の私には定番の料理の方が落ち着きます。

 

最近は懐石料理、簡単な外食も量が多くて苦手になってきました。

まだ何とか自分で料理が出来るので、家でも美味しく頂くことができ、時にはお弁当風に盛り付けたりして、「頂きます」「ご馳走様」と言葉が出てきます。

 

季節の香、私の体にも芽が吹いて来そうです。

 

『猫は丸く』と童謡にありますが、相変わらずサブちゃんも後ろ足の上に大きな顔を載せてお休みです。

IMG_4677.jpg





tag : 九条葱 蕗の薹

きんかんでジャムを!

IMG_4667.jpg 

今年の厳寒に外に出る事も無く、そんな時Yさんから宮崎産のハウスきんかん(1kg)を頂き、生食も出来るのですが、ジャムを作ることにしました。


IMG_4666.jpg

 

1.きんかん1kg、グラニュー糖320g、水200cc、レモン汁大匙2

水につけたきんかんのへたを取り、横に切り、楊枝で種を出し荒く刻み、砂糖と混ぜて3時間位おいておき、水を加えて弱火でとろりと煮詰めます、アクはあまり出ません。

 

2.去年はリンゴ酢を少し入れましたが、無かったので・・・

ヨーグルトに入れてみましたが優しい味でした。


IMG_4668.jpg

IMG_4671.jpg

立春を過ぎますと、歳を重ねてもお雛様を飾りたくて70代の頃妹と津和野まで人形作りの古代縮緬を買いに行き作ったお雛様を置き床と勝手口のちいさな棚に飾りました。

小さなお雛様は沢山の方に差し上げて喜ばれました。

 

ハウスきんかんの香りや手作りお雛様を飾ったりしていると、沈んだ冬から春まじかを感じ生気が甦ります。


IMG_4669.jpg  
IMG_4670.jpg



萩や阿知須では雛の催しがありますが、私の足では無理で残念です。日本には春を待つ雛祭りがあり、皐月の空には端午の節句もあり嬉しい行事ですね。





 

tag : お雛様 ハウスきんかん

いちじくジャム
IMG_4376.jpg 

もう9月、空の雲も少し高くなってきて猛暑を乗り切りました。

本当にヤレヤレですね。91歳の私にはこの暑さは大変で、ほとんどがエアコン漬けでした。

 

一昨日は毎年訪れている山口市仁保の宮本果樹園へ、ピオーネを買いに出掛けました。

「今年は房が少し小さいですね」と、お話しすると「天候不順にはいくら努力してもかないません」と聞き入梅後の空梅雨、猛暑で果物や野菜類も色々あるのでしょう。

 

そんな中、いちじくは度々頂いて・・・豊作なのでしょうか?

Nさんから「沢山もらったからジャム作られませんか」と再度届けて下さいました。

 

出荷出来ない規格外のものですが、新鮮で軸を取り図ってみますと1.8キロもあり、出来るかなと不安もありましたが、久し振りに調べて取り掛かりました。

 

 いちじくジャム

1センチ程に刻み、グラニュー糖 500g弱を混ぜる。

2時間位おいて、レモン汁大匙5、大目にまぜて煮る。

中火で混ぜながら、約30分丁寧にアク取りをするとトロリとなって完成!


IMG_4379.jpg

 IMG_4381.jpg

IMG_4385.jpg 

果肉の切り方が大きかったので綺麗に出来ませんでしたが、中瓶4本出来ました。

愚痴ですが、1.8キロのいちじくを刻むのは、私にとっては楽ではありません。

それでもジャムらしきものが完成し、今日の私の一大仕事!!

 

つくつくぼうしが懸命に鳴いていると、そろそろミニ菜園の秋冬野菜の準備をしなければと・・・そうそう、モロッコいんげんが発芽しましたよ。


IMG_4387.jpg

 






テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : いちじくジャム モロッコいんげん

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 92歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR