2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
群雀

木彫り 雀


9時頃空を見ると曇り空でどんよりしたお天気。

 

珍しく雀のチュンチュンとお喋りの啼き声がミニ菜園の方でするので、そっと出て見ると10羽あまりの雀が降りていました。

昨日、自家用のお米を搗いた米糠をミニ菜園にばらまいたのをつついているのです。

 

冬はあまり見ない雀ですので、足音を忍ばせて近寄るとすぐパッと飛び立ち暫くして見ると又降りてきてチュンチュンと賑やかです。

 

雀は縄張り、派閥を作らず何時も単独でなく群れているので群雀といって、雀の掛け軸は祝いの時も、悲しい時も掛けていいと聞いたことがあります。

 

縄張りを作らず誰共仲良く群れている事からお目出度い時、又悲しい出来ごとの時はたくさん寄って慰めてくれるとか・・・

 

家の中にいる雀は木彫りの雀で2羽向き合っています。

 

この彫り物は大阪の孫嫁のお父さんの作品で、やはり1羽でなく2羽向き合っています。

能面も彫っていられるようですが、野鳥も彫られてモズも頂いています。

百貨店などで個展もなさって趣味の域を脱した作品に驚嘆の一言です。

 

昼前からは雨になり雀もさすがに1羽もいません。何処に雨宿りしているのか・・・

春になればもっと群れて、チュンチュンお喋りが聞かれることでしょう。





スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

tag :

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR