2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
よき友

あじさい


入梅前の蒸し暑さで午後ゆっくりしていると、知人のNさんから電話。

Nさんは97歳、1人暮らしでお元気な方です。

 

「お久しぶり、お変わりないですか?」とお尋ねすると「私もとうとう自転車に乗るのをやめました」とお返事が・・・

「家の傍の畑も草に覆われ、時々周南から娘が来て、草取りや不用品の整理等手伝ってくれています。でも、齢を重ねる事を受け止めるには勇気がいりますね」とNさんらしくない言葉が出て、暫くお互いの近況をお喋りしました。

 

今でも俳句、コーラス、生産活動(藁で小物を作る)に参加して楽しんで充実されているようです。

ご主人は結婚1年で戦死、娘さんを育てながら教職を停年まで勤められ、何時も明るく穏やかで羨ましい方です。

 

先日、新聞の歌壇に「人間(ひと)と言う 嬉しいものに 生まれきて 104歳の 今も歌詠む」と言う短歌が載っていましたが、世の中には何歳になっても前向きな方がおられます。

また、「老友が また1人逝く 満月の 夜道に光る 蛍となりて」と言う短歌もあり、いろいろと考えさせられました。

 

そろそろ梅雨がやってきそうですが、あじさい、花菖蒲がこの時期にはふさわしいですね。





スポンサーサイト

テーマ : 日々のこと
ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : あじさい 入梅

Secret
(非公開コメント受付中)

二つの短歌
タッチラブさま、今日のブログにあった二つの短歌、心に染みます。日記帳に転記しておきます。本当に世の中には前向きな方が大勢いらっしゃいますね。
短い語句
短い語句に中に深い意味、響く言葉が見つかります。
考え方一つで、前進的な意味になったり、後進的な意味になる場合もあります。
どうしても、同じ年代の方の言葉に左右されてしまう事も多々あり、感じる深さもあります。
プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR