2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
笹の墓標

笹の墓標


14度快晴、ミニ菜園も毎日の水やりで順調に成長して私にいっぱいの楽しみをくれます。

空を見上げれば青い空にふんわり綿雲が浮かんで平和そのものです。

 

私の体で出来る事は限りがあって、家の内外の掃除を少しずつ終えて、一人で午後はゆっくり過ごしていますが、足を休めている時、先日から読みかけていた森村誠一さんの『笹の墓標』をやっと読み終わりました。

 

第二次世界大戦中、北海道空知の雨竜ダム、旧国鉄深名線(廃線)の工事に朝鮮人、日本人を強制連行。

労働の内容を読みますと私達年齢の者は胸が痛みます。当時昭和1780万人の朝鮮の方を強制連行してあらゆる労働につかせ、軍や政府の過ちの事が書かれていて、私達の知らない事があったのです。

今も日・韓のボランティアの方により、遺骨発掘は続けられているようです。

 

『笹の墓標』を読み終え、外に出て綺麗な綿雲を見た時何だかほっとしました。

IMG_0900.jpg 







スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

tag : 森村誠一 笹の墓標

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR