2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
サブちゃんインフルエンザ

IMG_1039.jpg


放浪癖のある猫サブちゃんが先週日曜日から行方不明で、冷たい雨の日は?何処に居て食べ物は?

と案じ心配で胸が痛みましたが、嬉しいことに昨日夕方弱々しい声で鳴きながら帰ってきました。

 

嬉しくてキャットフード、水をあげたのですが、何時もの元気がなくフードを残し、日頃は寝床にゆっくり入った事もないのにすぐ寝床に入って「クシュッ、クシュッ」咳のような仕草で気分が悪いようです。

 

気になるので妹に電話してその様子を話すと「イトゥーリの森・動物病院に電話してみる」と言って、暫くして「明日9時半頃に連れて来て下さいと言われたので、明日行こう」と再度電話があり、少しほっとしました。

気になるので休む前に覗いて見ると時々喉をひくひくさせて休んでいました。

 

妹が今日9時過ぎ籠を持って来てサブちゃんは抵抗せず籠に入りましたが、自動車の中で少し騒いでいるので私は気になって・・・妹は猫を飼っているせいか馴れているらしくあまり気にもしてない様子でした。ただ、普通は猫をネットに入れて籠に入れるべきなのですがネットを忘れたと言っていました。

 

病院に着いてから先生の前で籠から出したら暴れだして、サブちゃんはパニックになったようです。

それを押さえるために妹と私が足を持ったからもう大変!!

とんだハプニングで二人共指に傷を負い、先生が慌ててサブちゃんに鎮静剤を打たれ、その間に私達の指の手当てをしていただきました。ネットを忘れた事が災難に!

 

サブちゃんはインフルエンザのようでしたが、そんなに悪くはないとのことでした。これでインフルエンザも早く治る事でしょう。それで「先生、治ったら去勢の手術をお願いしようと思います」と話したら「大丈夫、インフルエンザは軽いので今日してもいいですよ」と聞きお願いすることになりました。

可哀そうだけどお願いしたら、鎮静剤でおとなしくなっていたサブちゃんの腰に麻酔をうたれ手術室に抱いて入られ「お迎えも大変でしょうから、夕方私が連れて行きます」と住所・電話を確認されて、思いかけず手術決行となりました。

 

夕方早く先生から「今から連れて行きます」と電話があって、丁度娘も来ていたので「一人では不安なので帰らないで」とお願い。

何だか可哀そうなのとほっとした気分が入り交ざって複雑な心境でした。

娘が「食べる?」と聞きながら処方された薬をフードに混ぜて器にいれるとすぐ食べ始めました。サブちゃんは娘と妹には特別甘えます。まだ痛々しいので娘が抱っこして寝床に入れてやるとお利口さんにしています。

 

「サブ子になりましたよ、玉を取りましたから」と薬の説明を笑顔でなさってお帰りになりました。

お世話になったイトゥーリの森・動物病院の藤本先生のお人柄に嬉しく、妹にも迷惑を掛けましたが有難うございました。いろいろあった今日でしたがサブちゃんはおとなしく眠っています。


イトゥーリの森・動物病院

無1題 

無題 








スポンサーサイト

テーマ : ウチの家族
ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : 猫インフルエンザ 去勢手術

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR