2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
『植村直己の夢の軌跡』を読み終えて

img_7f08b5f90d87d3e4add4101ace817a0f730658.jpg 

今日もお天気が良く、午後には27度もありました。

朝のうちに花壇やミニ菜園の水やりや外の用事を済ませて、衣類の整理をしましたが以外に手間が係るものです。

 

午後は読みかけの本を開きゆっくり過ごすことに・・・

4月初めから読み始めていた『植村直己夢の軌跡』(湯川豊作)を読み終えました。

 

読み始めた時、私の頭では地球は丸いと分かっていても、地球儀のない平面の世界地図が頭に浮かび、グリーンランド、シベリヤ、アラスカ、カナダ等地名が出てきて、北極圏は地球の頂点、外国旅行した事のない私には改めて植村さんの冒険家としての偉大さに驚きました。

 

あらゆる面での援助はあったようですが高地での生活、食等綿密な体験を得てあれだけの事が出来たのだと夢のような大冒険家に驚きもしました。

 

北極圏到達は17頭のエスキモー犬と綿密に工夫された橇、アザラシ等の生肉、氷点下57度でのテント、単独で12千キロの走破(グリーランド縦断も含む)を終えられたのだろうかと!

植村さんのあの穏やかな姿からは想像できません。

 

エスキモー犬は交通、時には食糧とありますが、氷点下57度の氷上で時には喧嘩もして大変だったが雌犬のアンナがリーダーになってうまくいったようで、植村さんは帰国の際アンナと外に4頭のエスキモー犬を連れ帰り、帯広と旭川で余生を送ったとあります。

 

植村さんを過酷な単独冒険にかりたてたのは何だったのでしょうか?

あれほどの心身のエネルギーはどこから?疑問符のまま偉大さに驚きました。

 

43歳で冬季単独マッキンリー登頂を成功して氷雪の中に消息を絶たれた植村さんは、果たせなかった南極に思いを巡らせていられるのでしょうか?

氷雪の中の植村さんに「安らかに」と心で手をあわせました。

 

著者(湯川豊)は植村直己さんが有名になる前のからのお付き合いで、よき理解者でもあったようです。

生まれながらの冒険家で、我が強く、悩みも多く抱えていたようですが、それを表に出さず乗り越える強さもあったとか。

 

どんな事件があっても、今5月の風を感じながら今日も変わることなく過ごせたことは『幸せ』とかみしめています。

 

庭の木に季節を忘れずセッコクがいっぱい花をつけ、ほのかな香りで楽しませてくれます。

IMG_2152.jpg 













 
スポンサーサイト

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 植村直己 湯川豊 セッコク

Secret
(非公開コメント受付中)

単独行
凄い本を読んでいますね!
でも、あの植村直己さんの気持ちはチョッピリ分かる気がします、
20代の頃、山仲間と穂高で見た満天の星を今でも忘れない程の
鮮烈な印象が蘇ります、
植村さんとは雲泥の差だが、自然の驚異・魅力に遭遇すればする程、
(もっと先へ、もっと先へ)と駆り立てるのでしょう、
もし、私が独り者だったら、日本1周(テントを持って徒歩で)をするでしょう、(スケールが小さすぎ!)
タッチラブさんも同じ気持ちでしょう(自然が好きだから)
マッキンリー
いろんなジャンルの本をお読みになるのですね♪

若い頃<山ガール>だったので、植村さんが遭難されたことはショックでした。
その後、初めての海外視察でイギリスへ行ったとき、アンカレッジ経由だったので、覚えているかぎりの単語を並べて『ここからマッキンリーが見えますか?』と訊いたのです。
8月の終わりだったのに、遠くの山は真っ白だったことが忘れられません。
Re: 単独行
のんたさん
この本は私には想像も出来ない程の未知でした。
だからこそ、余計に感銘を受けたのかもわかりません。
山を経験された方にはこの素晴らしさがわかるのだろうと思います。
のんたさんは男の中の男だと思うので!
私の妹も登山経験があり、若い頃はいろんな山に登っていましたし、その息子は親の影響か、
バイクでオーストラリア一周、国内は北海道から沖縄まで日本一周しました。
とても思い出があるようですから、のんたさんも思い出がたくさんあるのだと思う。
Re: マッキンリー
よねさま

山ガールだったのですね。
では、植村直己さんの事はよくご存じだと思います。
海外にも行かれ、マッキリンリーがどんなところかも見られたのですね。
やはり雪多しだったのですね。
いろんな本を読むと、自分では経験してないいろんな世界があることを知らされ、すごい事をしている人達がいるのだと考えさせられます。
プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR