2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
古きよき器
IMG_2493.jpg 

先日妹と電話でお喋りしている時「この頃はシンプル生活が良いと言って使用しない物は整理しているが、処分に迷っている」と聞き「私も同感よ」お宝には程遠い物が沢山あります。

 

昭和の時代冠婚葬祭は全部自宅でしていましたので、大量生産の径30㎝のめん鉢や28㎝~255組、小皿も段ボールいっぱい・・・私が嫁いで来てから、二度位使った記憶があります。

沢山の煮物や酢物等、昭和28年義父の葬儀の時でした。


IMG_2496.jpg

 

塗りの刺身皿、寿司皿、吸い物椀や朱の皿、黒と朱の会席膳も全く出番はありません。

 

今日は黒の寿司皿にお寿司を作ってのせて見ましたら以外と似合って良かったので5枚程出しておきました。新米のお寿司ではなかったのですがキノコを入れて美味しく仕上がりました。

IMG_2492.jpg 

陶器の一升徳利は5本あったのですが、妹やお友達が花活けにするからと絵柄が4本無くなり、文字の徳利が1本残り、茶花風でなく庭にある矢筈ススキとシュウカイドウを無造作に活けても、コスモスを活けても普通の花器より風情を感じます。



無題 
 

輪島塗の文箱、茶花の花器の下に使う薄板、丸卓、重箱等も近頃は必要な物ではありません。

和服も同じことで、大島紬も袋帯等結構なお値段でしたので処分する気になれず、他の和服は全部整理して軽くなりました。

 

時代が変われば生活様式も変わり、大事にしてきた物も必要とする事はありませんがいざとなるとシンプルにもいかず迷ってしまいます。

 

それでも電話一本で何でも届き、好きな食べ物、デザートを頂ける『幸せな老後』に感謝しています。






スポンサーサイト

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

tag : 昔の陶器

Secret
(非公開コメント受付中)

断捨離
<おもてなし>が好きで、ひなもんの折には30人ものお客さまが来られた程でしたが、体を悪くしてから、もうこんなことはできない…と、独身のころから集めた器を知人に差し上げました。
私以上におもてなし好きの方ですので、使っていただけることを願って…。
お重は、料亭で見かけたのを真似て、互い違いに重ねた中程に、椿などを一枝活けて花器として使ってもOKです。

着なくなった着物は、ひなもんや押絵をされる方に差し上げ、喜ばれてます♪
紬などは、小座布団やごろ寝用の長座布団にしたり…
帯もテーブルランナーや飾り棚用の敷物にリメイクしいただきました。

めん鉢にメダカを飼われてはいかが?
酸素の必要もなく、水もたまにしか換えませんよ。

もう自分で使うことはなくても、差し上げた方が使ってくださるのを見ることが出来ることは、喜びでもあります♪

Re: 断捨離
よねさま
最近は着物を着る機会が少なくなりました。
それに私の様になると正直なところ、もう着物は着れない体型です。大事にしていました結城紬、絞り羽織、紬の帯も妹にあげました。後少しは娘にと思っています。
雛もんも二度出掛けましたが、風情があっていいですね。
いつもよねさまの博識には驚かさせます。いろいろ教えてくださいね。
プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR