2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
陸奥撃沈を読んで
61N6mRdIodL.jpg 

先日来お借りしていました単行本を暇な時少しずつ読んでいましたが、やっと読み終えました。

 

近所のHさん(92歳)は本を沢山持っておられ、暇な時にと私に向きそうな本を出されるのです。

 

気象、天体から宗教、文学書は勿論・・・

おかげで私も時間を過ごす時に飽きない程度に読んでいますが、今回は吉村昭著『陸奥爆沈』。

 

Hさんは志願して海軍に入隊され、戦時下海戦をくぐり抜けて来られ、若き青春時代は激動の時代だったのです。本を返しに行くと、若き日の海戦のお話を熱く語られ、痛む胸を押さえて聞きました。

 

戦後70年たった今、(私が18歳の頃)昭和1868日瀬戸内の柱島の傍で戦艦陸奥が謎の爆沈、1121名が犠牲になった事当時は極秘で何も知らずにいました。今もはっきりした原因はわからないようです。

 

航空母艦(瑞穂)に乗って居られ、終戦1年前191025日に比島沖海戦で撃沈、1900人が艦と共に・・残った人は駆逐艦(初月)に・・・

 

終戦と同時に、松島基地から小松基地を経て復員された事をはっきり思い出すようにお話され、70年前の若き艦上の姿が浮かんできました。こうした青春時代だったのです。

 

戦後の世代の方には、感動も感激もないかも分かりませんが忘れかけていた戦時下の事が思い出され、何もない青春の頃が歳月を経て鮮明に浮かんでくるようでHさんのお顔も生き生きとしていました。







スポンサーサイト

テーマ : つれづれ日記
ジャンル : 日記

tag : 陸奥撃沈 吉村昭

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
よねさまのブログで このブログを知って
楽しみに拝見しております。

特に サブちゃんの大フアンです。
これからも サブちゃんのこと よろしくお願いしますね。
Re: よろしくお願いします
窓さま
つたないブログですが訪ずれていただきありがとうございます。
サブちゃんは家族の一員かな。
とてもお利口さんで、人間の言葉を理解するかのように行動します。
とても賢い猫のような気がします。
また写真がとれたらアップしていきますね。
これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR