2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
読みかけの本『角田房子著』

角田房子著 シクラメン


今日は日射しもなく気温7度、肌寒く感じる。

針仕事の合間に読みかけの本に手が・・・

 

角田房子著『墓標なき八万の死者 満蒙開拓団の壊滅』

満蒙開拓団のソ連参戦からの地獄のような逃避行が現実のこの世にあったかと思われる惨状が書かれている。

昭和22年、私が丁度お嫁に来た年である。

63年前の出来事、北満の地で想像を絶する歴史があったことは知ってはいたが、改めてその残酷さを知り、散った開拓民の無念さを思うと胸が痛くなります。

今生かされて衣食住不自由のない生活をして、食事を美味しく頂き、花を楽しみ・・・少しの体の不自由なんて比べ物にならない事なんだと強く感じた。

 

キッチンの出窓に去年9月に夏越しの球根を植えかえたシクラメンが、やっと蕾を膨らませた。

園芸店で買った、ムスカリ、ヒヤシンスも悲しい本を読んだ後だけに私の心を和ませてくれます。

 

明日も寒いようですが朝、『いい目覚め』で迎えられたら寒さも乗りきれるでしょう。








スポンサーサイト

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

tag : 角田房子 墓標なき八万の死者

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR