2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
祥月命日

今日は義母の祥月命日、平成242295歳でした。        
私が嫁いできて44年一緒だった義母で自分の母より倍の年月を一緒に過ごしてきたのです。
近所で評判の働き者で明治生まれの両親に仕えることは、我慢と辛抱の日々でした。

お墓参り


亡夫の弟
3人のすべてのことは「長男の役目」と言われ、結婚の費用等全て私達夫婦でやりくりをする事になりました。
その当時国鉄の給料、私の洋裁で両親が満足するようにやってきました。

今思えば、若かったなあ~と思います。
若かったからこそ嫌とも思わずに頑張れたような気がします。

亡くなる1年位前から、おむつ、スプーンでの食事、夫婦で世話をしましたが、今、私がこの年齢になって思うことは、もっと優しくしてあげたら喜んでもらえたのではないかと申し訳なく胸が痛みます。
義母のおかげでいろんな仕事も出来るようになりました。

おばあちゃん、安らかにと朝早く墓参しました。空から私の姿をどんな気持ちで身守っているのでしょうか。

ふき佃煮

 

午後はミニ菜園に夏野菜の苗を少し植え付け、庭のふきで佃煮を作りました。

私流 ふきの佃煮

1.ふき約1キロ、昆布少々、調味液。

 2.醤油、味醂、酒、同じ1カップ、砂糖大匙5、酢少々の調味液に昆布を刻んでいれておく。

 3.ふきを茹でて水を切り、調味液と合わせ弱火で皮が軟らかくなるまで煮詰める。

箸やすめにとても重宝な一品。




スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : ふき佃煮 墓参り

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR