2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
2作目のバンドネオン

無題 

湿度の高い高温の夏、ここ一週間あまり冬眠ならぬ夏眠中です。

 

朝のひと時5時半から1時間あまり・・・

最少限の水やり、小草取り、それでもう汗だくです。


IMG_4324.jpg

 

Nさんに頂いた風船かずらに支柱を立てるのを忘れていたら、傍のテラスにすがって揺れています。きちんと支柱を立て芯をとめていたら・・・もっと沢山の風船が揺れて見応えがあったのではと詫びながら水をあげています。

 

そんな朝、息子から「バンドネオンの写真パソコンに送ったから」とメールが届きました。


無題1

 

第二作目はよりよくと努力し時間をかけて、音を鳴らす金属リードの加工を残し完成した様です。金属リードの加工(ヤスリで焼き入れ鋼を削る)を再開してようやく右手側(高音側)の加工だとか。

音の出る綿密な金属の細かい作業のようで苦労もある事と思います。高音のほうが出来たようで、次は調整しながら左手側(低音側)の加工をする様です。

 

小さい作業でしょうが後一息・・・

9月の奈良タンゴ祭に展示できるように頑張っているようですが、疲れが出ないか心配です。

今年はプロジェクトの仕事もそれなりに忙しい様子。

 

楽器は外観だけでなく音が見せ所、細かい作業素人だからこそ根気のいる仕事、暑いのに仕事場にこもって趣味を通り越して苦労もある事と思います。

 

今日は午前11時からBSプレミアムで池上彰さんの解説で『命のピザ』で杉原千畝さんの事が1時間ありました。胸にグッとくる感動番組。

大戦中のことを思えば(夏眠)どころではないと、息子の事と重ねて少しやる気が出て来ました。

 

サブちゃんはフードだけでは物足りず、焼きかつおをねだってこの姿でお婆ちゃんに貰えるのを30分あまり待っています。


IMG_4318.jpg 






 

tag : 風船かずら バンドネオン サブちゃん 焼きかつお

あぶら蝉の行方
IMG_4307.jpg  


昨日も午後は34度、朝のうちに水やりをしていると椿の木に今年初めての蝉が止っていました。
見ていますと下の姫空木の上に落ちた・・・あぶら蝉。

まだ夜明け前に羽化してやっと乾いた所だった様子。

 

雨量の多い時は土の中も住み心地はよくなかったでしょうが、ちゃんと木の根から酸素で維持してこの時期を待って出てきたのでしょう。

蝉も命のあるもの・・・しっかり小枝につかまり、飛べるのを待っていましたが暫くして見ますといませんでした。

 

最近は大木がある家が少なくなり、蝉の居場所も落ち着かないのかも知れません。

便利になる替わりに蝉や虫達の安らぐ場所が減少しているのでしょう。

 

土曜日に娘が立派な徳地茄子を持って来てくれましたので久し振りに辛子漬けを作りました。ブロ友さんのスタミナ漬けはメモして次にと楽しみにしています。


IMG_4308.jpg

 

1.茄子1kg2cm位の輪切り。

2.アクぬき、塩140g、古釘5本位で半日漬け重石をして固く絞る。

3.砂糖150gから160g、和辛子25g、焼酎50ccを混ぜた中に固く

しぼった茄子をあえるだけです。


IMG_4315.jpg

食欲のない時にぴったりの茄子辛子漬!

 IMG_4314.jpg

孫(北村 聡)のバンドネオン等に興味のある方は下記をチェックしてみてください。

限定期間があるかと思いますが、今でしたら見る事ができます。

 IMG_4309.jpg


BS1
で放送された国際放送2017 パブロシーグレルのニュータンゴ


http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/lounge/index.html?i=170712

東京春音楽祭ミュージアムコンサートで出演しています

http://www.tokyo-harusai.com/news/news_4870.html

 






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

tag : バンドネオン

奈良漬準備

IMG_4292.jpg 

蒸し暑い梅雨期、何十年も続いた私の『奈良漬け』作業の準備です。

「今年も出来るかな?」と毎年思いつつ・・・

やっぱり、今年も「作ろう」と・・・

 

お願いしていたお店から材料が届きました。

20キロの瓜、酒粕4、砂糖4キロ、焼酎を用意。

 

納屋の棚の上から小さなハシゴを使って、下漬けようの桶を下し・・・ちょっと冒険ですが・・・

大きい菜切り包丁で二つ割り、中の種を丁寧に出して笊にふせ一息、結構な作業で疲れます。

娘にLINEで「瓜が届きました」と言った事で、心配して手伝うつもりでやって来ましたがなかなかコツのいる作業です。私の長年の手加減でやっていますので、任せる事も出来ず、傍で補佐してもらう事に!

 

二つ割りの瓜の船にあわせて塩を入れる。

6分位で漬けています。

最後に娘に重石をしてもらい、塩漬け完了!!

 

2日後、笊にあげた瓜の水分をしっかり拭きとり、何時ものように酒粕、砂糖を混ぜあわせて、交互に漬ければ出来上がりです。私は1年間で頂くので二度漬けはしません。


IMG_4293.jpg

 

こうしてブログを始めて毎年代わり映えもなく同じ事を載せていますが、私にとっては「今年も何とか出来た!」事の喜びで満足しています。


IMG_4298.jpg

IMG_4296.jpg 

 
庭には花は少なく歌仙草が満開、植えた覚えのないグロリオサが咲き始め、シュウカイドウ紅白に咲いていますが去年傍のイブキを刈りこんでもらったので花に艶がありません。

IMG_4294.jpg 

 IMG_4295.jpg

 

一輪挿しにはよく似合いますね。

 














 

  

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 奈良漬

久し振りの外出

IMG_4290.jpg


早いですね~~もう半年・・・アッと言う間に過ぎました!

 

入梅後雨も降らず、振り出すとゲリラ大雨、梅雨明けもないのに台風3号発生。

地球規模で気象も変わり、戸惑うことばかり・・・気持ちもすっきりしない日が続いていました。

 

少し前から年齢を感じる事で心が狭くなったような気がして・・・・・

さすがに90歳も過ぎ91歳にもなりますと、年々歳の重みを感じます。

外出も遠慮気味になりがちです。

先週土曜日は娘にお願いして、久し振りに妹(山口市)の所へ出掛けました。

取り寄せたお昼を頂きながら三人で諸々のお喋り「私も一人でいるから老いる気持ちが良くわかるよ」「体に不自由のない私でもそうだからお姉ちゃんは立派よ」と妹の言葉。

嬉しい言葉に気持ちを少し強くもてた様な気がします。

 

『誰も自分ばかりに目を向けていないのだ』でもお互いに心では『一人の生活を認めて下さっているのだ』と納得し、気持ちが軽くなり、姉妹で自然大好きな話ばかりでした。

IMG_4285.jpg

 

家の裏に夏椿が咲いていましたが去年より花が小さく少しさびしく感じました。

気候のせいでしょうね。雨も少ないし・・・

IMG_4287.jpg 

IMG_4282.jpg 

IMG_4280.jpg

 

15時過ぎ、お暇して少しばかりの買い物。

久々の外出で疲れましたが思い通りのお喋りができて、胸にあった小さなしこりも吹っ飛びました。

 

庭も花が少なくなり、紫陽花の剪定で花はなく今、目につくのは源平シモツケ、白・紫の桔梗、歌仙草が咲き始めました。

 

昨年は『熱中症』の経験があり、今年は今から充分に気をつけて乗り切りたいと思っています。

 

サブちゃんは外が暑いせいか、あんぐりと深い眠りの様子。

夕方には外でブラシを掛け綺麗にし、休む前は拭いて、手が掛かりますが私の日課の一つでしょう。

IMG_4284.jpg









テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 夏椿 源平シモツケ 白・紫桔梗 歌仙草

梅雨空

IMG_4275.jpg 

怪しい空模様、梅雨空になってきました。

 

ミニ菜園の中玉トマト『フルテイカ3本、『ミデイトマト2本植えていますが完熟!!

10個収穫、ピーマン『ぴー太郎』も5個収穫しました。

 

フルテイカ』は根が強いので、定植の時根を新聞紙でまいて植えるといいと・・・

タキイの『野菜ガイド』にありました。軽く巻いて定植の時水をたっぷりかけて、その後は一度も水をかけていませんが、調子よく沢山実がつきました。

 

トマトの茎は細く作れとありますが、芽欠きさえすれば実付がいいようです。

 

フルテイカ』は『ミデイトマト』と比べると甘く美味しいのですが、トマトは雨に弱いのでこれからが心配です。

 

ピーマンも去年までは『ジャンボピーマン』1本でしたが、今年は『ピー太郎2本、肉厚でどんな料理にも使えそうです。

 

ミニ菜園でも花と同じように野菜の成長も楽しく、朝一回りしますのでトマトの色が赤く色付くと何だか嬉しく、観察した後の朝食も美味しく頂けます。


IMG_4274.jpg

 

庭の片隅に小鬼百合が開花しましたが今年は蕾が少ないようです。兄からもらった小鬼百合・・・もう40年毎年季節が巡り、今に生きている実感を感じます。

IMG_4276.jpg

IMG_4271.jpg

 

先日梅ジャムを差し上げましたら、とても喜ばれ透き通るような白の紫陽花『みなずき』の鉢植えを頂きました。喜んで下さると嬉しくて・・・

 

こうして家にいてもまわりの方から・・・またブログで菩提樹の木や花、この歳で初めて見ました。思わず菩提樹の歌詞が口元から・・・

 

山形の朝日連峰の山容が望める夢のような所にお住まいのととこ様、自然いっぱい緑の季節、厳しい冬があればこそ幸せがあるのですね。朝日連峰は今日も輝いているのでは!






 

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : フルテイカ ミデイトマト ピー太郎 小鬼百合 みなずき

梅ジャム
IMG_4258.jpg

毎年6月のこの時期ご近所から完熟梅を頂きます。

完熟した立派な南高梅で果肉も多く、梅漬よりもジャムにぴったり!!
ダンボール箱に二日程熟成させて、半日水につけて昨日ジャムに取り掛かりました。

梅は刻む事もなく、鍋に梅が出る位の水を入れ、沸騰しなくても湯を流し冷めてから、柔らかくなった梅の種を手で取ります。
それから砂糖を入れて弱火で煮詰めていきます。

完熟していたので、砂糖は60%(60%~80%)で蜂蜜を使ってみました。
砂糖は5回位に分けて入れ、弱火で絶えずかき混ぜて、丁寧にアクを取り、蜂蜜を多めに入れ出来上がりました。

IMG_4267.jpg

綺麗な色、甘酸っぱく2キロの梅で3本半完成!
早速、お友達にメールしましたらすぐ来られ、「恥ずかしいけど気持ちよ」と、可愛い花束を持って来て下さいました。こんな事をさりげなくしてくださる気持ちが嬉しくて・・・

IMG_4269.jpg

今日は自家菜園のきゅうりが沢山とれましたので、保存できる『キュウリのきゅうちゃん』作りにしましたが、去年のレシピを書き忘れて、調べてもみんなそれぞれの作り方がある様です。思い出しながら作ってみましたが満点ではないかも・・・

でもキュウリは無駄にならずにすみました。
こうした保存食もこの頃は敬遠されるかな?!

IMG_4268.jpg

サブちゃんは私の朝のゴミ出しには必ず、所定の位置まで来て帰ってくるのを待ってくれています。「お利口さんね」と撫でてあげます。
IMG_4262.jpg






テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : 梅ジャム 完熟梅 きゅうりのきゅーちゃん

入梅

IMG_4214.jpg 

乾燥した日が続きましたが、紫陽花にふさわしく お湿りで少しずつ色ずいて今年求めた山紫陽花(乙女の舞)も鉢植えですが樹高20㎝位で3輪花をつけました。

 

鉢植えする時、苦土石灰をひとつまみ混ぜて植えましたので綺麗なピンク色、径3㎝位の小さな紫陽花です。

 

地植えにすると樹高50㎝位でお茶花にとてもいいと聞きますので、来年は地植えにと思っていますが、山紫陽花は瀬戸内の猛暑でうまく育ちません。

我が家では涼しい所を選んで・・・と思っています。

 

唯一株『紅額紫陽花』は花をつけてくれます。

園芸用の賑やかに咲く『隅田の花火』や昔からどこにでもある紫陽花も、季節がまわればまた出会え、喜びもひとしおです。

IMG_4248.jpg 

IMG_4247.jpg 

こんな紫陽花の咲く季節に・・・

同じ地域内で前後して80才代(男性)2人、私より1才若い(女性)・・・3人の方の訃報を聞いて、押し車でお訪ねして来ました。

 

女性の方はご主人に先立たれ、一人暮らしされていましたが、穏やかな方でした。

お子さんはおられず、親族の方がおられましたが、立派なお家も何だか寂しく感じました。

 

私より若い方が旅立たれると・・・・・

『命に限りある事』『命の尊さ』をしみじみと感じます。

 

またご近所でよくお喋りをしたHさんは骨折で、優しいTさんのご主人(まだお若い)共に入院され、お帰りを待っています。

 

お悔やみのお訪ねでかなり歩きましたが、逆に安らかな気持ちになり、思った程は疲れませんでした。

 

千の風になって紫陽花を・・・ご家族を見守っていられることでしょうね。

 
IMG_4251.jpg






 

tag : 紅額紫陽花 山紫陽花

梅雨入り前の一時

IMG_4229.jpg 

先日作った小鯛ささ漬のてまり寿司がおいしくて、また作りました!『うまいものは宵に食え』の言葉通りに・・・

 

今日は失敗しないぞ!お腹に入る前にパチリ、こうして変わったお寿司にしたりした時には、お弁当容器に彩よく詰めて頂きますと一人の食事も楽しく美味しく頂けます。

 

頂きものはサラダ風、二回のてまり寿司、採れたてのきゅうりをピーラーで渦巻にしてお刺身2回、樽が空になりました。

 

朝ミニ菜園のきゅうりで『辛子漬け』を作りましたが、すぐ水分がいっぱい出て美味しそうです。作る分量は各家庭で少しずつ違っていますが、きゅうり1kg、砂糖100g、塩40g、和辛子半袋、昆布1枚を混ぜてビニール袋で時々空気をぬいて・・・

沢山採れるころは奈良漬けにも美味しくできます。


IMG_4226.jpg

 

先日娘が庭のツワブキを沢山つんで持ってきましたが、ツワブキは早春の味ですが、まあ~手が真っ黒に・・・

佃煮風に煮込みましたらキャラブキには程遠い味ですが・・・

2日間飽きる程皮むき、ことこと煮詰めました。

指先は黒くなり、綺麗になりませんがお婆ちゃんだから気にはしてませんよ。


IMG_4232.jpg

 
IMG_4222.jpg


Nさんが山から綺麗なピンクの小花がいっぱいついた『サラサウツギ

白い花が葉の裏側に咲いている『ネジキ』・・・木の皮がねじれているからだと。

山ではないですが、ピンクの花が少し残っている『カトリ草』本当に蚊が落ちてきそうなそっくりな匂い、3種教えて下さり何だか物知りになった気分がします。


IMG_4220.jpg

 

皆さんのお蔭で5月が終わり6月、やがて入梅の予報もすぐですが『夏椿』『紫陽花』と楽しみもあり、梅雨も乗り切れそうです。







 

tag : 手まり寿司 きゅうり辛子漬 ツワブキ サラサウツギ ネジキ かとり草

若狭の小鯛漬

IMG_4199.jpg


先日思いもしない宅急便が届きました。

 

よね様からでした。

何時も見過ごしそうな野の花、櫻の頃の可愛いメジロやオシドリ等のバードウオッチング

から、神社仏閣までブログでご紹介して下さり、とても心安らぎます。

そんな、よね様からでびっくりしました。

 

開けてみると、若狭名産の『小鯛ささ漬』でした。

随分前から知ってはいましたが、綺麗な樽に入り、どうやって食べようかしらと・・・

娘もいる時にお電話でお礼の言葉を述べて、その後娘ともお話しされ、ほっとしました。

 

514日、孫のバンドネオン・ソロ演奏のポスターを13日夜急いでアップしましたが、当日見られて「一度どんな音か聞いてみたかった残念」とコメントで分かり、急遽CDを送らせて頂きました。

喜んで下さっただけで嬉しい事なのに、贈り物まで恐縮しております。

 

どんなお料理に・・・始めは野菜の上に薄くそぎ切りでサラダ風にカルパッチョで頂き、今日は、甘酢生姜を細かくきざんで混ぜ、大葉と小鯛をのせ、可愛い小さなてまり寿司7個作り綺麗にデザインしたのですが、うっかりお腹に入ってから残念!写真を撮るのを忘れていました!!

 

優しい味ですが魚の上に塩を均一に薄く振ることは熟練の職人さんの手加減のようです。明日はミニ菜園の新鮮なキュウリとお刺身で頂きましょう。

 

お天気続きで乾燥した花壇や畑に夕方は水かけが大変ですが、サブちゃんが移動する度ついて来て怒ったら少し離れた所でお利口さんにしていました。

IMG_4219.jpg












テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 若狭 小鯛漬 バンドネオン

薫風

IMG_4182.jpg


5
月の日々、薫風を楽しむのもあと僅かとなりました!

 

先日来雨が少なく、菜園鉢花の水やりが朝や夕、私にとっては結構な運動になります。

小さな実を見つけると嬉しくなってきます。

ホースを引っ張って・・・ヤレヤレと思いながら、疲れもしますが、楽しみでもあります。

 

24日の新聞のコラムに衆議院議員の方が『ガン患者は働かなくていいのでは』と発言し、後で謝罪した事が出ていましたが考えさせられますね。

いくら年を重ねても故障した体でも、大切に育てた野菜や花を見て小さな喜びを感じながらも過ごしていると言うのに・・・残念な言葉です。

 

ゴンドラ』の詩の後半に

こころのほのお消えぬ間に 

今日はふたたび来ぬものを

歌詞にありますように「治療を受けながら働く病身を心の炎で必死で支える人がいる」と結んでありました。

高齢者もその通りで日々何かをしていますと喜びがあります。

IMG_4190.jpg

 

先日は娘婿の作ったいちごを沢山頂きました。

本人は普通のいちごのつもりでいたのでしょうが、酸味があり粒も固くジャム用のいちごでした。

早速ジャムを作り!!いちごジャムは以外にも簡単です。

いちご(1kg)、砂糖(400g)、蜂蜜適量、レモン果汁(大1強)

後は煮詰めるだけ、アクとりを丁寧に・・・

普通のいちごより色がとても綺麗です。

 

昨日の朝Nさんが山から3種類の小枝を持って来てくださいました。

IMG_4193.jpg



ガンピ、ガクウツギツクバネウツギ、・・・一度聞いただけでは覚えられず、きちんと書いて教えてもらいました。ガクウツギはアジサイに似ていて水切し生け楽しんでいます。

IMG_4195.jpg

 

セッコクは5月のブログに毎年載せますが、島根立久恵峡を歩いた若い頃が思い出され、歳月の速さに驚いています。

IMG_4189.jpg


隣の空き屋敷の庭にハコネウツギがいろどっています。

 

『幸せを心に持てば足軽し 帰る家あり猫がいる』新聞より。。。。。。











 


テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

tag : ツクバネウツギ ガクウツギ いちごジャム ゴンドラ

プロフィール

タッチラブ

Author:タッチラブ
山口県防府市台道 91歳 
 (12月10日生)

体を壊したり、膝人工関節手術、腰圧迫骨折をしました。
車いすの生活になる手前で踏みとどまった今の私です。
楽しい毎日になるよう好きな料理に挑戦したり、好きな花で花壇を飾ったりして少しでも楽しく生きていこうと努力しています。

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QR